スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2015'03.23 (Mon)

椎間板ヘルニア:1週間前から右上で横になる以外全て痛い・・・

52歳男性、大学教員、
土日は中学野球チーム監督で年中無休である。疲労が重なったのだろう。
大学時代から腰痛はあった。今回は1週間前から右上で横になる事以外全て痛い。
二つの外科で診察、右腰椎、大きく飛び出しているヘルニア診断。ブロック注射2回。
鎮痛剤を飲んでいる。右上で横になっている以外は全て痛い。伏臥位も痛い。
椅子に座れない。右腰を少し上げた状態だ。立位も右足全体を浮かした状態だ。
歩く時は病院でもらった骨盤ベルトをしている。とにかくきつそうだ。
先ずは右上で横になり施術開始し、かなりの時間揺らし、次に仰臥位で施術した。
ラセグ検査は20度で痛みが出た。長い時間仰臥位だと痛みが出る。
膝立て牽引捻転を長く実施し、全身を弛めて行った。三方開脚、椎間板牽引はまだ無理。
爪先捻転で痛みが出た。とにかく、股関節、骨盤は硬く可動域が狭い。この硬さが原因だ。
腹屈は硬くて無理だが、右だけなら可能だが深くすると痛い。
かなり時間オーバーしたが、変化はなかった。
私「痛みはどうですか?」患者様「ほとんど変わりません」
しかし、私が見るには、雰囲気はよくなっているし、来院前より動きはよい。
今日感じたことは右腰椎損屈とヘルニヤが合体しているようだ。時間がかかりそうだ。
~2回目(3/28)前回よりはよくなっている。24日にブロック注射。
仕事はソファーに横になってするそうだ。会社員の場合はこうはいかない。
まずラセグ検査をしも20度以上で痛みが出た。
座位も30秒以上できた。施術は横向き捻転、仰臥位で膝立て牽引捻転、
右膝立て牽引捻転を長めに実施。確実に善くなっている。
椎間板牽引は身体が恐怖心で抵抗しまだできない。
施術後はベッドに1分ぐらい座れるようになった。立位もちょっとできるようになった。
ラセグ検査も30以上で痛みが出て、ヘルニアは確実に善くなっている。
椎間板損屈(潰れ)も少しずつ回復している。まだまだ時間を要する。
椎間板の潰れは安静にしていれば、回復する。
*ブロック注射は麻酔注射で、治るわけではない。
 更に痛くなる人もいるし、一時的に痛みが軽減する人もいるし、
 何も変化がない人もいるし、反応は様々である。
~その後、学生の話によると授業に出ているようだ。
ずっと安静にしていたので自然治癒力が働きよくなったようだ。
安静にしていると、自然治癒力が働き、回復することもよくある。
会社員の場合は会社を休むしかないのでこの患者のようにはいかない。
              SAGA自然形体療法院ホームページ
スポンサーサイト
13:22  |  椎間板ヘルニア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。